活用方法

資料やノートが広げてある机

賃貸オフィスを探す際に抑えるべきポイントは大きく3つあります。
まず一つはスペースレイアウトに柔軟性があるかどうかです。
オフィスも賃貸住宅同様、間取りは様々な物があります。
スペース内などに取り壊しが出来ない大きな支柱などがあると、働きにくい職場になってしまうこともあるので注意が必要です。
2つ目は交通公共機関へのアクセスの良し悪しです。
オフィスは従業員にとって毎日通う場所です。
その職場が駅から物凄く離れていたりすると、従業員にとって利便性が悪く効率性が下がる可能性があります。
3つ目のポイントは、途中解約が可能かどうかという点です。
途中解約が可能な場合は、オフィス閉鎖や移転などの状況でも柔軟に対応する事が可能となります。

日本の賃貸オフィス市場の家賃相場はバブル崩壊後に大幅に下落し、その後も下落ないし横ばい推移が続いてきました。
しかし2012年以降、日本の景気回復が鮮明化する中で家賃相場は上昇基調に転じつつあります。
これは景気の回復を受けて、積極的に従業員を雇う企業が増え、事務所スペースの需要が高まった事が背景にあります。
特に東京や大阪といった大都市圏のビジネス街のオフィスの賃料の上昇が大きくなっています。
地方都市についてはまだ家賃下落が継続していたり、上昇が鮮明化していない所も多いですが、今後景気の回復効果が地方都市にも波及してくれば、地方においてもスペース需要が高まり、家賃相場は上昇に転じることになると予想されています。