値段と契約期間

青空とオフィスビル

会社を企業したいと考えた時、規模を把握する事は重要な作業です。
企業を形成しているのは人や物の集合ですが、それが正確でないと仕事場の決定に支障を来たします。
見誤った場合はオフィスの賃貸に無駄が生じる恐れがあります。
逆に狭すぎて仕事にならない事もあり得るのです。
よってオフィスの決定は企業活動の上で重要な要素でした。
しかし最近ではその前提が崩れつつあります。
自宅で仕事をする人が増えたからです。
自分達のできる仕事だけを請け負う彼らは、取引先の多い場所に拠点を構える必要がありません。
連絡作業を電話やネットを使った通信に頼ります。
オフィスの賃貸業者に頼る必要がないので、在宅ワークという形態そのものがオフィス業の天敵です。

しかし賃貸事務所を扱う業者も、その状況を黙って見ていたわけではありません。
その証拠に在宅ワークに従事する人に向けた商材が登場しました。
在宅ワークの欠点は監視する人がいない事です。
自分のペースで仕事ができる上に、家というリラックスできる空間は集中に不向きといえます。
だから在宅ワークをしている人でも、オフィスをレンタルする層は存在するのです。
そしてオフィスの賃貸業者はその点に着目しました。
具体的には一人で使えるスペースを貸し出すようになったのです。
一つの部屋を複数の利用者でシェアする方式を採用しているので、料金は従来の事務所よりも安価と言えます。
そして仕事で使う道具も備え付けられているので、リーズナブルな価格で効率的な仕事を行えるのです。